Books as Art <1991> [3]

"Books as Art" Boca Raton Museum of Art
p.78 Glossary


なんと巻末に用語集を発見!これは興味深い。


artist's book:
large or open edition books, often inexpensive, conceived, designed and frequently published by the artist

livre d'artiste:
books which contain fine art prints and are usually accompanied by a text of either poetry or prose. This collaboration can extend to a number of artists and artisans. This term is used more generally than the arcane term livre de peintre to include books by artists not necessarily known primarily as painters.

livre de luxe:
livre d'artiste which is distinguishied by lavish production and costly price.

bookworks/book-objects:
usually unique, artwork in book form incorporating any one or combination of painting, elaborate binding, collage and mixed media


アーティスト ブック:
ラージエディション、もしくはオープンエディションの本で、値段も大抵はそれほど高価ではない。考案、デザイン、しばしば出版までもが、アーティスト自身の手によって行われたもの。

リーブル・ダルティスト:
ファインアートのプリントが含まれ、通常、詩か散文のテキストが添えられている。このコラボレーションは、複数のアーティストや職人によるものである場合もある。このタームは、少数の人にしか知られていないターム、リーブル・ドゥ・パントルよりも一般的によく使われ、ペインターでは無いアーティストによる本も含む。

リーブル・ドゥ・リュクス:
その豪華なつくりと、高い値段によって、リーブル・ダルティストとは区別される。

ブックワークズ/ブック・オブジェクツ:
通常とてもユニークな本の形式のアートワークのことを指し、ペインティング、手のこんだ製本、コラージュ、ミクストメディアのどれか1つ、もしくは2つ以上を組み合わせたものを盛り込んだもの。



というわけで、
この本では(そしておそらくは展覧会「Books as Arts」自体でも)、このようにタームを使い分けているようだ。とはいえ、この定義は未だ万人に浸透しているものとは思えないし、果たしてここに書いてある定義が絶対なのかも疑問。これからいろんな人の単語の定義を見かけるたびに比較して行こうと思う。とりあえず、今後の比較対象の基準としては、ほどよく整理されてるのでは?
[PR]
by midori_sakai | 2006-03-12 01:18 | 全般的なこと
<< Books as Art &l... Books as ART &l... >>