アーティストブックに纏わるいくつかのクエスチョンを考える[4]

ちょっと日にちが空いてしまいましたが、続きの質問にも答えていきたいと思います。


11. 1冊しか印刷しない初版本(もちろん、その後、第2版からは何万部も印刷される。本は初版本の価値がスゴク高い)は、意図して印刷を指示していることによって、アーティスト・ブックになるの?

これは、実は一番悩んだ質問でした。これはその意図というものがアーテイスティックな哲学に基づくものならアーティストブックだけれど、商業的な理由によるものなら、それはタダの商業戦略でしか無いのではないか、と思う。まあ、ここでも同じ問題が浮上して、たとえ商業戦略であっても、見る側がそれをアートだ、と思ったらそれはアーティストブックなのか?という疑問が残る。

そのものがアートであるかどうかは、
作る人が決めること?見る人が決めること?



12. 音読の方法が指示されている本を読者がそれに従って読んだら、音読されるという行為によって、それはアーティスト・ブックになるの?

これは、なる。もっと言うと、「音読されるという行為によって」というよりは、「音読されるという行為も含めて」。


13. 京極夏彦のいくつかの本て、製本出来るぎりぎりの厚さに挑戦してるのよね。それは、ある意味、アーティスト・ブック?

製本好きなあたしは、これはアーティストブックと呼びたいですね。


14. 受験生が、あの赤ペンと緑の下敷きとで問いが出来るようにした参考書は、意図次第でアーティスト・ブックになる?

なります。


15. おいらもよくやったけど、ぱらぱらマンガが描かれた教科書はアーティスト・ブック?

なります。というか、もう既にそういうの作ってる作家も確かいたはず。


16. 誰かに読ませるために、抜粋してコピーして、まとめられた冊子はアーティスト・ブック?

なると思うな。


17. すべての日記はアーティスト・ブック?

私はそう感じます。


18. 契約は切れていて、保存したいメールだけが入った携帯電話は、アーティスト・ブック?

はい。というか、是非やってみたいです。
・・・って書いて、実際やったの思い出しました!!!
しかもとても大事にしていたのに、その小さな塊に残った思い出の重さに耐え切れず、ある日半狂乱で突発的に捨てました・・・。


19. 夜、我が子を寝かすためにママが何度も読んだ絵本。その読み方は、わが子がお気にりのところだけ。その子の為だけにある一定のものがたりを紡ぐために、印をつけた絵本はアーティスト・ブックなの?

これは判断の分かれるところだと思うけれど、私はやっぱりアーティストブックだと思います。


20. 新しい印刷方法、製本方法で作られた本は、それが一般化するまでは、アーティスト・ブック?

そうですね。そこに革新性があれば。


21. すべてのガリ版印刷はアーティスト・ブック?

これは違うと思うんですよね、珍しく。全てでは無い気がする。ちょっとイメージしきれて無いのですが。もちろんガリ版印刷のアーティストブックもいっぱいあると思います。ただ、すべてなのかと言われると、疑問だ、ということです。


22. 写経はアーティスト・ブックを作る行為?

はい。そうなんじゃないかな、と思っています。



ふう、ひと段落。
今後進めていくうちに、また戻って議論したくなる質問もあると思います。
しかしこれだけ答えて、最も痛切に、そして歯痒く思ったのは、

やはり「アーティストブック」という一言で括ると誤解が生じる、ということ。

いや、もう少し正確に言うと、
一番大きい括りの名称としては「アーティストブック」は有効だと思います。
けれども、その中に、いくつか分類があれば、説明しやすいなあ、と感じたことがたびたびありました。

「これは、○○系のアーティストブック」
「これは△△△型のアーティストブック」
「これは××でもあり、◎◎でもあるアーティストブック」


といったように。
でも、○○も△△△も××も◎◎も実はみんなアートで本だよね、ということを
リマインドするための「アーティストブック」という総称



まあ、もちろんその総称が「アーティストブック」でなくてはならない必然性はどこにも無く、何か他の用語を使ってもいいわけですが。それについてもこれからじっくり検討していきたいと思います。
[PR]
by midori_sakai | 2006-03-31 13:13 | 全般的なこと
<< 望月マテリアル有限会社 John Lennon /&q... >>