Books as Art <1991> [6]

さて、今日のテーマ。


「アーティストブックにおいて、オリジナルって何?」


以下、またシンポジウムの模様から引用。

"Books as ART" Boca Raton Museum of Art
Addendum p.Ⅶ-

Marvin Sackner: ...In our own collection, as we define an artist's book, we have a classification system too, and we usually define an artist's book as something that is limited in edition size. In otherwords, to me, it is not a run of 3000, 5000, 50,000 books even though an artist may have made that book. An artist's book, for me, is an edition of 1, an edition of 3, an edition of 5 and not much more than that. So that I view it, and I'm in agreement with the other people who've said it, it's a private kind of thing where the artist can communicate in a private way with the observer.

Marvin Sackner: ・・・私たちのコレクションでは、アーティストブックは、その部数によって定義されます。言い替えると、私にとっては、3000、5000、50,000部の本は、たとえアーティスト自身の手で作られたものだったとしてもアーティストブックでは無い、ということです。アーティストブックは、私にとっては、1部だけのものや、3部、5部のもので、それ以上のものではありません。なので、この視点から見ると、他の人も仰ってましたが、アーティストブックとはとてもプライベートなもので、アーティストがそれを観るものに対して、とてもプライベートな方法でコミュニケーションを取ることができるものだという意見に賛成です。




まずシンポジウム内でこういう発言がある。
数ページにおよぶシンポジウムの記事を読んだが、私が一番ひっかかったのはやはりこの発言だった。でもきっとみんなそうなんだね。質疑応答で観客から真っ先に質問されたのは、やはり「部数でアーティストブックを定義するのか?」ということだった。(何故か回答はMarvin Sacknerではなく、Charles H. Hine Ⅲがしていて、なんとなく納得いかないのだが。)

というわけで、以下質疑応答の模様。



Audience: ...It was mentioned that some of the books are in limited editions of 1,3,6 and so forth. When I first saw this exhibition announced, BOOKS AS ART, somehow it conjured up in my mind the type of books my wife and I collect which are livre d'artiste or beau livre. We usually think of those as perhaps Matisse's JAZZ, or Leger's Le Cirwur, Picasso's Carmen, or whatever. They are not limited to that small a number but are in editions of 100 and up to 250. Was this prticular exhibit aimed at that type of book or exactly what?

Charles H. Hine Ⅲ: This is a question I want to respond to because I think it is, for me, a really interesting question. We make precisely this genre and I find that people are more hasty to define what we do as different from other things than I am. Everything is a limited edition. Chrysler builds cars and advertises them as a limited edition. Really the difference in a world population of 5 billion between a book that is 7 copies and the book that is 7000 is minscule. One thousandth of the population will ever come in contact with it in any case. What are you left with? You are left with defining the qualities of the book. Whether it was done in an edition of 7 or 700 is not that critical.

Audience: You do limit yours though?

Charles H. Hine Ⅲ: Yes. The approriateness of limiting them has to do with the scarcity of materials and the technical processes. Books started fluorescing in their editions because offset lithography could produce the same quality impression at the 10 thousandth impression as it did at the first. Whereas the hand lithograph, livre d'artiste of the late 19th Century stopped at 250, plus squeezing out those 30 extra hors commerces, which was simply because that was what the stone could produce with fidelity.

Audience: But they are considered originals?

Charles H. Hine Ⅲ: Oh yes.

Audience: Each JAZZ is considered an original though there mayhabe been 250 of them?

Charles H. Hine Ⅲ: Absolutely.

Audience: Whereas in a larger edition they wouldn't be? Or offset lithography or some other form of producing large editions wouldn't also be?


Charles H. Hine Ⅲ: I'm inviting you to think of each thing as original, considering that all editions are limited, and just to look at the quality of production.



客:・・・1部、3部、6部など、部数が限られているものがそう(アーティストブック)だと言うことが先ほど言われていました。私が最初にBOOKS AS ARTという展覧会が行われるというのを知った時、なんとなく私と妻が集めているような、リーブル・ダルティストやボー・リーブルの展覧会だと理解していました。通常思い浮かべるのは、例えばマティスのJAZZや、レジェのLe Cirwurや、ピカソのCarmenみたいなものですね。こういったものは、小部数に限られていませんが、100部から250部程度しか作られていないものです。この展覧会は、こういったタイプの本に照準を合わせようとしたものだったのですか?そうでなければ、どういうものを狙ったたものだったのですか?

Charles H. Hine Ⅲ:これは私にとってとても興味深い質問なので、私がお答えしたいと思います。私たちは正にこういったジャンルのものを作っており、私たちのつくるものが他のものに比べてどう違うかの定義を、人々は私よりも性急に行おうとしているように感じます。全てのものは限定数で作られていると言えます。クライスラーは車を製造し、それらを限定数と言って宣伝します。実際、世界には50億もの人がいるのだから、7部の本と7000部の本の違いなど本当に非常に小さななものです。どんなことがあっても、全人口の1000分の1の人だって、その本と接することはないのです。じゃあどうすればいいのか?そうなったら、本の質で定義づけを行うしかありません。それが7部が700部かということは、それほど重要なことではないのです。

客:しかし、あなたは自分のコレクションには制限を設けるのですよね?

Charles H. Hine Ⅲ:そうですね。制限を設けることの妥当性は、物の希少性とテクニカル・プロセスの問題と関係しています。オフセット印刷が全く同じ結果を1回目と10,000回目とに出せることから、本はまとまとまった部数で作れるようになりました。一方で、手製のリトグラフの場合、19世紀末のリーブル・ダルティストは250部と、あとなんとか非売品分として余分に30部製作し、それ以上はつくりませんでした。これは単純に、これが忠実に同じものをつくる場合の、石の限界だったからです。

客:けれどそれらは全てがオリジナルと考えられているのですよね?

Charles H. Hine Ⅲ:それはそうです。

客:JAZZの1部1部は、それがたとえ250部つくられたとしても、それぞれがオリジナルとして考えられているということですか?

Charles H. Hine Ⅲ:もちろん。

客:なのに一方、それより多い部数だと、1部1部はオリジナルだとは言えなくなるということですか?オフセット印刷や、その他の製作方法での大部数発行もやはり1部1部はオリジナルだとは言えないということですか?

Charles H. Hine Ⅲ:それについては、全ての部数がどちらにしろ限られている、という考え方に基づいて、全てオリジナルだというように考えたらどうでしょうか、と言いたいです。とにかく、そのものの質だけに注目すればいいのだと思います。




このブログ内で行われている私の翻訳は、通常仕事で受けるときほどの正確さは追求しないことにしているし、誤訳もあるかもしれない。けれど、この質疑応答の迷走ぶりは私のせいでは無い、と思う。


「人口50億にしてみれば、7部も7,000部も一緒だ!部数なんて関係ない!中身がアートならそれはアーティストブックなのだ!」と言いつつも、自分のコレクションに関しては部数を気にしているという。

ちなみにこの後は違うお客さんとの質疑応答に移ってしまうのでこの話はここで終わってしまうのだが、このお客さんは納得していないだろうなー、と思う。

(余談ですが、シンポジウムなどの質疑応答って、質問に対して答えがかみ合っていないことがあまりに多いように思う。その他大勢の観客として聞いていると、質問者もパネラーも、そしてどこでこのぐだぐだな議論を切って次の議論にうつるか考えあぐねている司会者も、みんなかわいそうになってきてしまう)



さて、本題に戻る。
アーティストブックにおいて「オリジナル」とはなんだろう。
逆に、「オリジナル」という概念が成立しない場合、それは「アーティストブック」とは呼べないのだろうか?


たとえば。

アーティストが自分の手で絵なり言葉を書き、自分の手で製本した、世界で1部しかないものはアーティストブックだし、それはオリジナルだ。

これは多分皆異論は無いはず。


では、以下の場合はどうだろう。

①アーティストが手書きで内容を描き/書き、自分で製本をしたものを、50,000部製作した場合。

②アーティストが手書きで内容を描き/書き、製本を業者に頼み、1,000部製作した場合。

③アーティストの絵/言葉を自宅のインクジェットプリンターで印刷し、自分で製本したものを300部製作した場合。

④アーティストの絵/言葉を印刷会社にデータで入稿し印刷してもらい、製本も業者に頼み、100,000部製作した場合。

⑤アーティストの絵/言葉を印刷会社にデータで入稿し印刷してもらい、製本は自分で行い、50部製作した場合。



など。他にも組み合わせはいろいろあるはず。


内容が手書き/自宅で印刷/業者が印刷
手製で製本/業者が製本
部数が1/50/300/1,000/10,000/100,000

これらの順列組み合わせ。他にも想定できる条件があるかもしれない。


結論から言うと、私はどういった条件であれ、
アーティストがオリジナルな思想を持って、なんらかのこだわりを持ち、自らが「本」だと主張するものを作ったのならば、それはアーティストブックだと考えているし、その一部一部はオリジナルとして扱っていいのではないか、と考えている。


もちろん、同じ作家の1部しかないアーティストブックと10,000部あるアーティストブックでは、1部しか無いものの方が貴重であり、内容の質が仮に同程度であれば、無論その1部の方がオークションでは高値がつく、というこもわかる。しかし、だからといって10,000部あるアーティストブックに価値が無かったり、ましてや「アーティストブックでは無い」という風には言えないと思う。


けれどどうなんだろう。これについてはまだまだ考えなければ、と思っている。


一般的にどう考えられているのか、職業的立場によってこのことに関する考え方がどう変わってくるのかはとても興味深いし、そういった意見をいろいろ知ることによって、私の考えも変わっていくのかもしれない。



長くなりましたが、とりあえず。このへんで。
[PR]
# by midori_sakai | 2006-03-15 01:52 | 全般的なこと

Books as Art <1991> [5]

タイトルの書名"Books as Art"の隣に、出版年の<1991>を加えることにした。

これまでそれほど意識していなかったのだが、やはりシンポジウムの中身を読んでいると、たとえばITを中心としたニューメディアに対する考え方などに、月日の流れを感じたのだ。よく考えたら1991年は、もう15年も前。湾岸戦争があり、ポケベルすら無く、Win95はまだ開発途中で、私は11歳だった。それは時代錯誤な点があって当然だろう。


それでも私はこの本から学んだことは多いので、これからも古い文献だってどんどん活用していきますよ。
この分野は資料が豊富なわけでは無いのだから。


では、今日の引用。
(実は他にも引用したい部分があって、ポイントとして避けては通れないと思っていることについて客とパネラーがやりとりをしているのですが、訳しきれなかったので、また今度。乞うご期待!というわけで、今日の引用。)


"Books as ART" Boca Raton Museum of Art
Addendum p.Ⅶ-


Norman B. Colp:
...it's a form that is very personal, but the subject matter is something the artist wants to share with other people. Instead of making a painting or sculpture, there is an intimacy about the book even if it is in little object, whether you open it up as a page by page presentation or as an accordion format.

Norman B. Colp:
・・・(本という形態は)とてもパーソナルな形態であり、しかしその主題をアーティストが人々と分かち合いたいものなのだと思います。絵画や彫刻をつくる代わりにつくられる本というものには、それが表紙を開いてページからページへと捲りながら進めるものだろうと、ページがアコーディオンのようになっているものだろうと、どんなに小さなオブジェクトだとしても、なにか親密さといったものがあるのです。

[PR]
# by midori_sakai | 2006-03-14 01:41 | 全般的なこと

Books as Art <1991> [4]

"Books as ART" Boca Raton Museum of Art
Addendum p.V-

"BOOKS AS ART: THEIR FORM AND CONTENT IN THE 20TH CENTURY"
というシンポジウムが1991年9月20日、19:30~Wimberly Library, Florida Atlantic University, Boca Raton で行われたらしい。その模様が巻末に。

参加者は、

Dr. William Miller (Director of Libraries, Florida Atlantic University)

Timothy A. Eaton (進行、本展覧会キュレーター)

Norman B. Colp(本をつくるアーティストで、NYのCentre for Book Artsの前キュレーターでもある)

Charles H. Hine Ⅲ(SanFranciscoのLimestone Press とHine Editions を創設)

Buzz Specto(展覧会にも出品していた作家。ArtCenter College in Pasadena, Californiaで教鞭もとる)

Alexandra Anderson-Spivy (ライターであり、エスクワイア・マガジンのContributing Art editor でもある。 アーティストブックをアーカイブしているNYのFranklin Furnaceの取締役)

Marvin Sackner& Ruth Sackner(アーティスト・ブックと関連作品をの巨大コレクションを保持するthe Ruth and Marbin Sackner Archive of Concrete and Visual Poetryをマイアミに創設、運営)


といった顔ぶれ。(肩書きは当時)


完全にアーティストブック(総称するときに不便なのでとりあえずれを使おうかしらとなんとなく更新何回目かにして思っている)好きによるアーティストブック好きのためのアーティストブックについてのシンポジウム。アツイですね~。しかもシンポジウム会場が、大学の図書館ですから。たまりません。


内容については明日以降。気になったコメントを紹介していきたいと思います。
[PR]
# by midori_sakai | 2006-03-13 01:33 | 全般的なこと

Books as Art <1991> [3]

"Books as Art" Boca Raton Museum of Art
p.78 Glossary


なんと巻末に用語集を発見!これは興味深い。


artist's book:
large or open edition books, often inexpensive, conceived, designed and frequently published by the artist

livre d'artiste:
books which contain fine art prints and are usually accompanied by a text of either poetry or prose. This collaboration can extend to a number of artists and artisans. This term is used more generally than the arcane term livre de peintre to include books by artists not necessarily known primarily as painters.

livre de luxe:
livre d'artiste which is distinguishied by lavish production and costly price.

bookworks/book-objects:
usually unique, artwork in book form incorporating any one or combination of painting, elaborate binding, collage and mixed media


アーティスト ブック:
ラージエディション、もしくはオープンエディションの本で、値段も大抵はそれほど高価ではない。考案、デザイン、しばしば出版までもが、アーティスト自身の手によって行われたもの。

リーブル・ダルティスト:
ファインアートのプリントが含まれ、通常、詩か散文のテキストが添えられている。このコラボレーションは、複数のアーティストや職人によるものである場合もある。このタームは、少数の人にしか知られていないターム、リーブル・ドゥ・パントルよりも一般的によく使われ、ペインターでは無いアーティストによる本も含む。

リーブル・ドゥ・リュクス:
その豪華なつくりと、高い値段によって、リーブル・ダルティストとは区別される。

ブックワークズ/ブック・オブジェクツ:
通常とてもユニークな本の形式のアートワークのことを指し、ペインティング、手のこんだ製本、コラージュ、ミクストメディアのどれか1つ、もしくは2つ以上を組み合わせたものを盛り込んだもの。



というわけで、
この本では(そしておそらくは展覧会「Books as Arts」自体でも)、このようにタームを使い分けているようだ。とはいえ、この定義は未だ万人に浸透しているものとは思えないし、果たしてここに書いてある定義が絶対なのかも疑問。これからいろんな人の単語の定義を見かけるたびに比較して行こうと思う。とりあえず、今後の比較対象の基準としては、ほどよく整理されてるのでは?
[PR]
# by midori_sakai | 2006-03-12 01:18 | 全般的なこと

Books as ART <1991> [2]

再び読み進めている。

"Books as ART"
Boca Raton Museum of Art
p.10 by Alexandra Anderson-Spivy

" Any historical view of the development of the avantgarde in Europe and America cannot ignore the transition of the book from a container of information to an enormously adaptable art medium whose manifestations have proliferated globally in the last thirty years. What other art form is portable, almost infinitely flexible in format, susceptible to interdisciplinary collaboration, and amenable to multiple and mass production?"



「ヨーロッパとアメリカにおけるアヴァンギャルド運動の発展を歴史的観点から見るときに、情報を入れる器から、非常にアダプタブルなアートミディアムとして変遷を遂げた本というものを無視することはできなく、こういった本はここ30年間で世界的に数多く生まれている。他のどんなアートフォームが、このようにポータブルで、その形式がほぼ無限にフレクシブルであり、他分野のコラボレーションを受け入れやすく、そして複製や大量生産が可能だろうか?」



「ほぼ無限にフレクシブル」。
ブックアートの持つ面白さは、本来的にはここなんじゃないかと思っている。

それが「本」であると言い切れば、なんであれ、それは「本」になり得るのだ。


もちろん現在の日本の、そしておそらくは海外もそうは変わらない出版/流通事情の中では、そのフレクシブルさを有効に活用することは、意外と難しい。たとえばどんな書店だって予め「棚」というものが、そこを埋めるための本を待っているし、平積み用のスペースだって限られている。(平積みばかりだと場所ばっかり取って、点数は置けないですから。)けれどそれを「常識」として受け入れてしまっては、マイノリティはどんどん排除されるばかりだ。創り続けるべき人が、フレクシブルに創り続けるべきこと。注目すべき人が、フレクシブルに注目し続けること。そうやってどんどん面白い本が人の目に触れるようになり、既成概念が崩れていけばいいと思う。きっとブックアート界はそうやって発展してきたのだ。だっていまやそんなに驚かないけれど、バインドされていない(綴じられていない)本が最初にどこかの店頭に並んだときはきっと誰しもがこんなの本じゃない!って思ったに違いないし、そもそも店頭に並べるまでだって、店長を説得するのはタイヘンだったはず。だから止まらないこと。続けること。進み続けること。そんなことが、きっとこれからもブックアートの歴史をつくっていくのだと思うのだ。
[PR]
# by midori_sakai | 2006-03-09 17:42 | 全般的なこと

Books As Art <1991>

f0086867_251211.jpgというわけで、まずはこのブログのタイトルと同じ名前の本を購入することを決める。

働いている美術書店で、いつも暇があればパラパラ捲っていたのだけれど、朝来るたびに「売れてたらどうしよう!」と思うのがいい加減苦痛になってきたのだ。


この本をまずは少しずつ読んでいこう。

"Books As Art" Boca Raton Museum of Art

この本は、1991年8月30日~10月6日にBoca Raton Museum of Art で行われた展覧会"Books As Art"の展覧会図録として出版されたものの改訂版第二刷のものである。どうやら装丁に凝ったコレクターズエディションも150部あるようで、欲しくてくらくらする。


この展覧会のキュレーターであるTimothy A. Eatonの文章より。

"The books in this exhibition are not books about art but are books that make art statements in their own right, within the context of art."


「この展覧会で展示される本は、アートについての本ではなく、アートのコンテクストの中で、それ自身がアートとしてのステートメントを打ち出している本である。」



私は前述したように美術書店で働いてもいたりするわけだが、仕事の内容と関わらず、美術書に囲まれている、という状況には癒しと幸せを感じる。分厚いカタログ・レゾネや、薄いが間違いなく貴重なドローイング集や。美術史全体に関してはまだまだ不勉強な私だが、それでもいくつもの作品の写真が並んでいるのをパラパラとページを繰りながら見るのは楽しくて仕方ない。けれども、今、私の興味がそそられるのは、もう一歩先のアート本なのだろうな、とも思う。その本自体が、アートであるような本。本という形式について、思考に思考を重ねた上で、もしくは天才的な直感に基づいて制作されたようなもの。materialやtextureやbindingにこだわりを持ち、その本の方法論自体がアートであるような本だ。アーティストの作品を収めた本は数多あるが、やはり特殊なつくりをした本は大量生産がしにくいうえにコストは上がるので、それほど多くは無い。(とはいえ全て把握できるほどは少なくないが 苦笑)

ワクワクするようなスリリングな本がいい。これからちょっとずつ見つけていこうと思う。
[PR]
# by midori_sakai | 2006-03-08 02:28 | 全般的なこと

はじめに

このブログは、アーティストブック/アートブック/ブックアートなど、様々な名称を持つようなものたち、とにかく「本」と「アート」に関わることたちについて、日々少しずつ勉強しながら考えながら、その魅力と可能性を探ろうとする一人の人間の軌跡を記したものである。(ものになる予定では少なくとも、いる。)


なんて堅めに言ってはみたものの、興味はなるべく広く。

本?アート?どっちとも関係なくても、
デザイン?製本?とにかくどっかしらに引っ掛かってしまったのならしょうがない。

エキサイティングな本/アート、(のようなもの)であれば。
恐れずバシバシ取り上げて行きたいと思う。


考える前に、もしくは考えながら。とにかくどんどん進んじゃいたいと思います。
(考えてからじゃこんなタイヘンなブログ始められないってば。)
[PR]
# by midori_sakai | 2006-03-07 01:25 | はじめに

はじめのおまけ

「お前は絵本とエロ本を行ったり来たりしてる本みたいだ」

そう言われたことがある。

「ボルヘスの『砂の本』みたいな人だね」

とも。


******

本とはなんだろう。アートとはなんだろう。
アーティストブックとは?アートブックとは?ブックアートとは?


夏の夜独特の熱気の立ち込める新宿の東南口の長いエレベーターを下ってちょっと左。煌々と光り続けるGAPと駅広場との間の細い道で、少年たちがスケボで繰り出す技をぼんやり見遣りながら、そして待ち合わせ場所に珍しく15分も早く着いた自分を呪いながら、あたしは何故かそんなことを考えていた。この街を行き交う人たち。そこで起きるいくつものことたち。アートってほんとはそんなものなのかもな、と、そんな感傷的なことに考えを巡らせながらも、結構真実なんていうのはこっち側に隠れているような気がしていた。

同時に、本についても考えていた。(いろんなことを同時に考えるのは昔からの癖。)街にはたくさんの文字が落ちている。表面上の意味や一般的な価値基準とは離れたところで、これらの文字はひょっとしたら誰かの壮大な記憶に内包されているのかもしれない、と想像する。実際のところは当事者にしかわからないし、同じ文字が複数人の記憶に内包されているのかもしれない。けれど、そこになんらかのストーリーが潜んでいるかもしれないという可能性。それを想うと、もう既にそれらの文字たちは、唯の風景では無くなり、誰かにとっての大事なテクストにばかり見えてくる。その場合、あたしがさっきから握り締めているこの文庫本と、この街に、どんな違いがあるというのだろう?



そんな他愛も無い、ゆらゆらとした思考が始まりではあったのだけれど。


その瞬間から、この街はアートで、この街は一冊の本に見えてきて。
この世界も宇宙もアートで本のような気がしてきた。
そしてその隅っこでそんなことを考えている自分自身も。


アート/ブック。


そんなわけで、それからあたしは本とアートにずっと囚われているのである。


******
[PR]
# by midori_sakai | 2006-03-06 00:06 | はじめのおまけ

profile

酒井翠(midori sakai)。

広義のブックアーティスト。

現代美術作家。
『それ、はね』という、本のアートとしての可能性について思考しながら、1つの質問に108の回答を羅列するという形式のコンテンツを、様々なメディアに載せて=様々な形式の本としてシリーズで発表しています。

役者/パフォーマー/美術書店店員(美術書・アートブック輸入回り担当)でもあり、

通訳/翻訳/ライター業も随時受付中。
[PR]
# by midori_sakai | 2006-03-05 01:28 | profile